シャーロット・ド・ロスチャイルド Charlotte de Rothschild

ザルツブルグ音楽学校、英国王立音楽大学を卒業後、同大学院を修了。リサイタルにおけるオラトリオのスペシャリストとして知られる。ロスチャイルド家は音楽ときわめてかかわりが深く、ヨハン・シュトラウスと親交があり、メンデルスゾーン、ショパン、リスト、ロッシーニ、フランクなどのパトロンであった。1994年のロスチャイルド家を興したメイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの生誕250周年において、シャーロットは世界各国で、過去200年の間、ロスチャイルド家の友人、先生、家族であった作曲家による数々の曲を集めた「ファミリーコネクション」をテーマとした公演を行った。その他にも「花の歌」「旧約聖書の女性たち」「女性の運命」等をテーマとたコンサートを各地で行っている。また、マチルダ・ド・ロスチャイルドによる12曲をまとめた「花・ゆめ・ロマンス」のCDは1991年に東芝EMIから日本で発売され、チャートで1位を記録した。斎藤雅広の助言で日本歌曲を日本語で歌う活動を開始し、これが高い評価を得てCD化もされ大きな話題となった。その後日本でも長く活動した。
[PR]
by masanotomo | 2003-05-01 01:01 | 1998年